丘の上のバビル家

ミニシュナRODEMをこよなく愛する家族とRODEMの日常。RODEMは脊髄梗塞で下半身麻痺。                    ちょっぴり不便だけれど不幸じゃないよ。家族みんなの幸せ記録。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2013*11*02 Sat
14:17

足が杖。

こんにちは。

発症から29日。ロデムの状況です。

病院に入院時にはロデムは完全に腰砕け状態でした。

立たせてもストンと腰が落ちる状態。

退院する前ごろには後ろ足は肉が削げ落ちてペラッペラでした。

21日に退院してから、毎日マッサージと屈伸運動などを続けてきました。

上半身の力がドンドン強くなりました。

後ろ足はまだペラペラなのだけれどすこ~し肉が付いたような・・・。

002.jpg

オデブさんだったのだけれど下半身の肉が落ちました。

005.jpg

立たせたりリハビリをするのにタオル2本で足つりを作りました。

良く見ると右後ろ足がナックリングしています。

気が付いたら戻してやるのですが戻さないまま写真撮っちゃってました。

1枚目の写真、実は足つりをしなくても立っています。

立っているというより・・・・後ろ足を杖にしてバランスをとっているのかもしれません。

941.jpg

退院直後はまったくできなかったのですが・・・

ほんの少しの間なら立った状態をキープできるようになりました。

もちろん、自分では立ち上がれません。立たせた状態で手を離しただけ。

上半身の力が強くなったからかな・・・。

後ろ足が『杖』なのかな・・・。

後ろ足の力で立っているのならいいのにな・・・。


ちょっとすると・・・

942.jpg

くずれ落ちてしまいます。

それでも少しの進歩。

前足の力をつければ車椅子に乗ればビュンビュン走れるよね♪

後ろ足をかばうこともできるよね。

元々あまり走らないロデムだけれど、

車椅子で走って顔で風を感じることだってできるはず。


車椅子が出来るまで足つりでお庭でガマン。

DSC_0894_20131102145337e19.jpg

いっぱい色んな匂いをかぎに出かけようね。

チビバビルもバギーでそろそろお散歩デビュー。

一緒にお外へ行こうね。



チビバビルにニット帽を編みました。

本に載っていたシンプルな帽子をシュナ帽子にカスタマイズ。

20131020_080540A.jpg

小さいから1日で編めちゃう。

ベースの帽子部分の編み図は生後6ヶ月~1歳用。

ところがチビバビルに被せてみると・・・ジャストサイズ!!

チビバビルのクセにデカイぞ・・・。

生まれたときも大きかったけれどそのまま大きく成長中。

ロデにいにと仲良く育っておくれ。

850のコピー

先日・・・保健師さんが訪問してくださいました。

身体測定をすると・・・2ヵ月半なのに4ヶ月半の身長体重!!

私達の血を受け継いだから・・・ま、“小さくなる”要素はそりゃこれっポッチもないわね(笑)


ロデムは、室内で足を吊ってやると向かうところはソファー(笑)

ロデム用に準備したベビーサークル内のベッドよりソファーの上がいい様子。

今までずっとソファー占領して昼寝してたものね~。

DSC_0897.jpg

ロデムの下半身にはおトイレシート。

オシッコは朝晩カテーテルを入れて導尿しているのでほとんどお漏らしはなし。

う○こちゃんが自然に押し出されてくることがあるのでそのためのシート。

病院の先生は、オムツは排泄物で肌が荒れるのでしない方向でと言われたので

オムツをしないで過ごしてみています。

まだ室内を自分でウロウロすることは無いロデム。

なので動かしてやった先にシートをセットしておけば大惨事はおきません。

でも・・・気がつけない時間帯に出てきちゃう場合のう○こちゃんが問題。

朝起きたらお尻のところにあったり。夜中は気が付いてあげられなくて申し訳ない。

ロデムもう○こちゃんと一緒に寝るのも辛いだろう。

う○このコントロールができたらもっとお互いすごしやすいんだけどな・・・と思ってたら。

脊髄梗塞を患ったシュナちゃんの飼い主さん情報で肛門マッサージをしているとか。

老犬でもするそうな。知らなかった。先生、教えてよぅ!

また綿棒で肛門をコチョコチョしたりとか。赤ちゃんと一緒だぁ。

その方法を聞いてから動画を探して勉強。

日に3~4度リハビリの前やお庭に出たときなどにマッサージ。

そしたら・・・・出ました!

これで勝手に出てきちゃって気まずい顔してるロデムのストレスも軽減。

念のため動かした先ではおトイレシートはセットするけれど

寝る前に出しておけば大丈夫かな。

お買いもの等でちょっと留守する前にも出しておけばウロウロするようになっても安心かな。

お留守番の時は安全の為にベビーサークル内に居てもらうけど。

少しずつ、少しずつ教えてもらったり試行錯誤したりして

お互いにすごしやすい様にしていけたらいいな。

がんばろ~ね。



*
犬の脊髄梗塞 ○ Trackback:- ● Comment:0
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

babelfamily

Author:babelfamily
大阪のとある丘の上に住む家族。



バビル:バビル家の主人(人間)

クッキングパパ、西郷隆盛似。

結構人見知りさん。

渋い声。



RODEMmama:ブログ執筆者(人間)

ともらん・ママしゃんとも言う 

手作りが大好き。



チビバビル:息子(人間)

2013年8月15日生まれ

大きく成長中!



RODEM:犬(ミニチュアシュナウザー)

2008年9月13日生まれ

2013年10月5日、脊髄梗塞に倒れる

現在下半身麻痺。リハビリ頑張り中!

ようこそ♪
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。