丘の上のバビル家

ミニシュナRODEMをこよなく愛する家族とRODEMの日常。RODEMは脊髄梗塞で下半身麻痺。                    ちょっぴり不便だけれど不幸じゃないよ。家族みんなの幸せ記録。

--*--*-- --
--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*
スポンサー広告 ○ Trackback:- ● Comment:-○

2013*11*02 Sat
19:40

ロデムの車椅子

こんにちは。

ロデムの車椅子を作るため車椅子屋さんにオーダーしました。

ロデムの体を6箇所測定。

きっとカッコイイ車椅子ができると思います♪



車椅子の話はロデムが入院中から先生よりありました。

教科書的に、脊髄梗塞で2週間ほどで改善が見られない状態だと麻痺が残るのだそうです。

ロデムは2週間入院し、治療、リハビリをしたけれども改善は見られませんでした。

なので必要であろうとお話があったのだと思います。

なので犬用車椅子を色々検討し、探すことができました。

ネットで探した車椅子屋さんの車椅子を色々見たり、動画を見たり。

脊髄梗塞になってしまったシュナちゃんの飼い主さんに教えていただいたり。

老犬の為の車椅子は完全に足を吊ってしまってリハビリにはならないので

リハビリにも使える車椅子をさがしました。

“犬の車椅子”“犬用車椅子”で検索すると沢山車椅子屋さんがヒットしました。

値段も仕様も様々。外国製のものもありました。

オーダーメイドのもの、オーダーメイド不要なもの・・・。



ロデムのクセや状態を考えて色々検討しました。

我が家の考えた条件。

・リハビリにも使えるもの。もし完全麻痺になっても使えるもの。
 リハビリ効果があった実績のあるものがあれば尚よし。

・乗ったまま排泄ができるもの。

・なるべく軽いもの。

・横転しないようタイヤが“ハ”の字でスポーティなもの。

・原っぱをお散歩するのが好きなので少々草が生えているところも走れる大き目タイヤのもの。

・体や耳の端っこが擦れるぐらい壁ギリギリを歩くのがクセのロデム。
 タイヤがぶつかることが予想されるので衝撃にも耐えられる頑丈なもの。

・販売実績がそこそこあるもの。

・お値段が高すぎないもの。



それでバビルと相談して決めました☆

再来週には納車されるかな♪

うまく乗りこなしてくれるか・・・も心配ですが練習して、

動けない、お散歩に行けないストレスをまず解消して笑顔のロデムに会いたいです。





*
犬の脊髄梗塞 ○ Trackback:- ● Comment:0
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

babelfamily

Author:babelfamily
大阪のとある丘の上に住む家族。



バビル:バビル家の主人(人間)

クッキングパパ、西郷隆盛似。

結構人見知りさん。

渋い声。



RODEMmama:ブログ執筆者(人間)

ともらん・ママしゃんとも言う 

手作りが大好き。



チビバビル:息子(人間)

2013年8月15日生まれ

大きく成長中!



RODEM:犬(ミニチュアシュナウザー)

2008年9月13日生まれ

2013年10月5日、脊髄梗塞に倒れる

現在下半身麻痺。リハビリ頑張り中!

ようこそ♪
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。